賢人の知恵いいとこ取り事典

読書歴30年の理系の博士が、仕事や人生に役立つ賢人の知恵を発信します。

部下は育てるものではない

一般に、上司の重要な役割の一つとして広く認識されているのは、「部下を育てる」ということです。

 

しかし、部下をコーチした人には経験があると思いますが、自分の仕事を後回しにして一所懸命指導しても、なかなか思うように動いてくれない人がいるものです。それどころか、同じ失敗を連発して、その尻ぬぐいに時間を取られることもあります。

 

反対に、何も言わなくても自分のやるべきことが分かっていて、段取りよく仕事を進めて成果を上げる部下もいます。

 

仕事というものは、時間と手間をかければかけるほど質が上がっていくものですが、「人を育てる」という点では、これは当てはまらないようです。

 

「人を育てる」ということについて、日垣隆著「ラクをしないと成果は出ない」で、非常に合理的な考え方が示されています。

 

日垣氏は「部下をコーチするなど、やめられるものなら、やめたほうがいい

 

と、喝破しています。常識と思われていることに真っ向から反対する考え方ですが、一理あります。

 

 日垣氏は、文章の書き方、営業のやりかたといったものを、成果を上げるレベルまでコーチングしようとしたら、エネルギーの大半を吸い取られてしまうので、人にコーチしなくてはならない状況は、極力避けて通るのが賢明であると述べています。

 

そもそも、コーチというものは業務の片手間にするものではなく、優秀な専門のコーチに任せるのが、ラクして成果を上げるための近道と明言しています。

 

確かにその通りだと思います。私も経験から「育つ人は自力で育ち、育たない人は育てようとしても育たない」という持論になっています。

 

私は部下には仕事の全権を渡し、相談に来たら全力でサポートするというポリシーを持っています。

 

こうしておくと、育つ人は自ら創意工夫をして、新しいことにも挑戦して、成果を上げ続けます。

 

「育たない人は育たない」と割り切るのは、少し冷たいようですが、あくまでも「今の職務では育たない」ということで、職種が変われば実力を発揮する可能性があります。

 

今の部署で成果を上げられない部下には、実力が発揮できそうな他の部署に移ってもらい、新しい人材を迎え入れるのが、人を育てるストレスをなくして組織を発展させる方法だと思います。