賢人の知恵いいとこ取り事典

読書歴30年の理系の博士が、仕事や人生に役立つ賢人の知恵を発信します。

いつまでも継続するための心得

 何かのスキルを身に付けるためには、毎日の継続的な訓練が欠かせません。

 

 しかし、3日坊主で終わってしまう人も多いようです。

 

 そんな人に、中村恒子著「心に折り合いをつけてうまいことやる習慣」に書かれている、継続するための心得についての言葉を紹介します。 

 

完ぺきを目指して挫折するよりも、不細工な形でも続けていくことのほうが大事なんやないかと私は思います。「ここだけは超えたらアカン」という一線を一応決めておいて、それを下回らないようにがんばる。下回らなければ、中途半端でもええ。そんなふうに切り替えてみると、あとは「なるようになっていく」もんです」

 

 その日の成果を気にするより、続けることを最優先にすること。

 

 英語学習を例に挙げると、文法の参考書を1日5ページ読む目標を立てるが、どうしても気が乗らない時は2ページでもOKと、最低ラインを決めておいて、毎日取り組む。

 

「継続は力なり」とは言い古された言葉ですが、最近は「継続こそ力なり」と言い切る人もいます。

 

 先の見えない世の中で、何が起こっても食べていけるスキルを身に着けたいと考えているあなた、取り組むのに億劫にならない程度のメニューを設定して、毎日自分を磨き続けましょう。