賢人の知恵いいとこ取り事典

読書歴30年の理系の博士が、仕事や人生に役立つ賢人の知恵を発信します。

家計を圧迫する5つの出費

 「給料はほどほどにもらっていて生活には困らないが、貯金がたまらない」

というあなた、毎月の出費を見直す必要があるかもしれません。

 

 岡本吏郎著「お金の現実」に、出費を抑えるためにチェックする5項目が挙げられています。

 

 それは、家、保険、車、旅行、外食にかかる費用です。これらを抑えるだけで出費を大幅に減らし、お金を貯めることができます。

 

 同著によれば、家のローンは収入の10%以内が目安です。

 

 保険も見直すべき要素です。勧誘員に言われるがまま契約書にハンコを捺して、そのまま惰性で保険料を支払っている人も多いはず。

 

 子供が小さい時は、もしもの時のために生命保険に入っておいたら安心ですが、独立して家を出たら、必要性は低くなります。

 

 このように年齢に応じてリスクの内容が変わります。一度すべての保険の内容をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 車を買い替えるときは、ハイブリッド車を中古で購入すると、安く手に入り、その後の維持費も抑えられます。

 

 旅行は名所を訪ねることに重点を置き、宿泊は素泊まりにする、外食は月4回行っていたところを2回にするなどで、出費が抑えられます。

 

 これらを実行することで、貯金をする余裕ができ、経済的な不安が軽くなるでしょう。

 

 今回紹介した内容について、もっと詳細を知りたいという方は、両学長著「お金の大学」を読んで下さい。

 

 適正なローンの組み方や、保険の選び方だけでなく、お金の稼ぎ方、増やし方まで、お金に関するすべてのことを、素人でも分かるようにやさしく説明されています。

 

 私が今まで読んだお金に関する本のなかで、一番勉強になりました。是非ご一読下さい。