賢人の知恵いいとこ取り事典

読書歴30年の理系の博士が、仕事や人生に役立つ賢人の知恵を発信します。

長期間優れた成果を出し続けるための心得

 日本人のほとんどの人が知っている、秋本治さんのマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。

 

 「少年ジャンプ」で1976年から2016年まで、40年間も同誌の看板マンガの一つとして連載され、単行本は201巻にも及びます。

 

 40年もトップ漫画家として走り続けるモチベーションはどこから生まれるのでしょうか?

 

 その秘密が秋本さんの著書「秋本治の仕事術」に述べられています。

 

 「誰もが褒めてくれるような仕事なんて、絶対にできるわけがありません。大事なことは、批判は無視することでしょう。「ここがダメだといわれたから、次からこうしよう。いや、ああしようかな?」とフラフラ迷うと、間違いなく作品はますますダメになってしまいます。それより褒めてくれる人の声に応え、もっと喜んでもらうためにがんばろうと思った方が、ずっと建設的なのです。」

 

 目線を自分の仕事を評価してくれる人に向け、逆に批判には耳を傾けない。加えて、完璧な仕事をするのは無理と割り切ることが大事なのですね。

 

 完璧を目指して限界まで頑張るというスタイルは、かっこよく、優れた成果が出そうなイメージです。しかし心身が疲れて、長続きしないでしょう。

 

 自分が心地良い条件で仕事をするのが、長期間安定的に実績を残す秘訣なのです。