賢人の知恵いいとこ取り事典

読書歴30年の理系の博士が、仕事や人生に役立つ賢人の知恵を発信します。

不遇の時期は淡々と

今は叩かれる時期なんだと思って、それにめげずに淡々と生きていれば必ず人徳がついてくる。そうすればその人徳が染み渡るようになって、人が集まるようになる。                                         

                    小俣和美「斎藤一人魔法のお悩み解決法」 

 

 人間、一本調子で右肩上がりの人生を送ることはまずありません。必ず何度か「不遇」と呼ばれる状況を経験します。

 例えば、得意分野の仕事を任され、成果を挙げており、周囲からも自分の存在を認めてくれていた職場からの突然転勤。新しい職場では打って変わって苦手な業務を担当させられ、なかなか業績を上げることができない。おまけにちょっとしたミスでも恫喝する上司がいて、ことあるごとに怒鳴られる・・・。

 こうした環境の変化は、誰にでも起こります。私も経験しました。ヤケ酒、ヤケ食いに走ったり、家族や親しい友人に愚痴や悪口をこぼしたりしたい気持ちにもなりますが、しかしそれでは解決につながらず、気持ちは沈んでしまうばかりです。

 こんなときは、普段にも増して心の持ち方や、日常の過ごし方が重要になってきます。自分がどんな人物になりたいか理想像を再確認し、その実現のために必要なことをコツコツと実行することが大切です。

 英語力を身につけたかったら英語の勉強を、文章力を身に着けたいならブログの執筆等を、将来独立したいならビジネスの勉強を・・・など、あなたの明るい将来像を思い描きながら、継続して取り組みましょう。

 そうしていると、成長をしている自分を実感でき、苦しい中でも気持ちを安定させることができます。

 また運動も気分転換と健康維持のために大切です。さらに読書も苦しい状況をしのぐためのヒントをたくさん与えてくれます。

 このように不遇の時期を淡々と過ごしているうちに、必ず終わりの時期がやってきます。

 終わってみると、以前よりも人の痛みが分かる感受性や、少々のアクシデントでは動じない強さが身についている自分に気づくことでしょう。

 これが人徳として沁みだす雰囲気を醸し出し、あなたの魅力を向上することにつながるのです。

まとめ

 誰もが「不遇」の時代を経験します。この間は、自分の目標を再確認し、実現のための行動を淡々と続けましょう。運動、読書も大切です。やがて暗いトンネルを抜けたらやさしさと強さが身について、魅力的な人になっているでしょう。