賢人の知恵いいとこ取り事典

読書歴30年の理系の博士が、仕事や人生に役立つ賢人の知恵を発信します。

簡単に精神的タフになれる方法

 精神的にタフであるということは、つまるところ、何事も完璧はないということを知っていること。

 この世のすべてのネガティブ面を認めた上で、冷静な、そして論理的な思考によって、ポジティブに世の中をとらえることができること。つまり、負の中から正を見出せるということだけである。

                    田中ウルヴェ京「ライフトランジション

 

 精神的に強いとは、文字通り心が強いということではなく、物事をポジティブにとらえられることとは、目から鱗でした。

 

 この言葉を語っている田中さんは、アーティスティックスイミングの元選手で、ソウルオリンピックでは銅メダルを獲得した、一流アスリートです。

 

 プレッシャーに押しつぶされずに、本番で最高のパフォーマンスを出すことを求められるアスリートの言葉なので、非常に説得力があります。

 

 私はこれまで、逆境に陥っても「なにくそ」と踏ん張って事態を打開する経験を、何度も乗り越えなければ心が強くならないと思っていました。

 

 しかし、心が強いとは、物事のポジティブな面を見ることができることだそうです。つまり、視点を変えるだけ。これなら普通の人でも実行できそうです。

 

 また、「何事も完璧はない」と心得ることも大切でしょうね。完璧主義だと、少しでも自分の思い通りにならないことがあると、落ち込んだり、不満を感じたりするもの。

 

 自分にも他人にも寛容になり、少々しくじっても、「まあ、いいや」と思えることで、精神的に安定を得られるのです。

 

まとめ

 物事のプラスの面を見ることと、世の中に完璧なものは存在しないと心得ることで、精神的なタフさを身に着けることができます。