賢人の知恵いいとこ取り事典

読書歴30年の理系の博士が、仕事や人生に役立つ賢人の知恵を発信します。

試練は自分を成長させてくれるプレゼントと割り切る

 苦労は、天が人を鍛える試練である。天がこの人をものにしてやろうと思うと、まずその人に心の悩みと身の苦労を与える。することなすこと手違いができ、進退に窮し、処理に苦しむ、といった調子である。天は、こうしてその人をねばり強くさせ、未熟の点を矯正する。人は常に過失ののちに改良され、悩み苦しんでのちに自分で解決を得る。かくて次第に大丈夫が形成される。 

 竹内照夫四書五経

 

 誰でも好き好んで苦労などしたくないと思います。しかし、自分がどれだけ気を付けていても、自分のコントロールが及ばない要因から災難に巻き込まれることが多々あります。

 

 例えば、急ぎの仕事で必要な物品の到着が台風で遅れたり、身に覚えのない陰口をされ、孤立してしまったり、事故に遭って1か月入院する羽目になったなど、私たちは自分の力では防ぎようのないトラブルにいつ遭っても不思議ではありません。

 

 そんな時は、「この災難は自分を成長させてくれるためのプレゼントだ」と、割り切ってしまいましょう。

 

 台風で物品の到着が遅れた時は、近所の業者に在庫がないか問い合わせたり、今あるもので代用できないか考えてみたりと、頭をフル回転させる機会を与えてくれます。

 

孤立した場合は、自分に誤解される原因がなかったか自省して、思い当たるところがあれば自己成長につながります。

 

 入院した時は腰を据えて読書をすると、自分の内面を広げることができます。 

 

 しかし、あまりにも苦しく、鬱々とした気持ちが抜けない時は、カウンセラーに相談するとか、場合によっては悩みの原因となっている場所から避難することも必要でしょう。

 

 ただ、このような深刻なストレスは一生のうちで、それほど多くはないはず。

 

 それ以外の困難に対しては、そのまま「苦しみ」と受け止めず、「自分の器を広げるためのチャンス」発想を切り替えて、事態の打開を図るためのアイデアを考えてみましょう。

 

 具体的な方法は、以前から何度も紹介している「ゼロ秒思考」

ytsuchi55.hatenablog.com

が最強のツールになります。

 

「今回の試練において、何をすれば自分の成長につながるか」など、前向きな問いをA4の紙に書いて、それに対する答えを直感で1分間に4つほど書き連ね、一番効果がありそうなものを実行しましょう。悩んでる暇などなくなり、むしろ喜々として取り組めるようになるでしょう。

 

まとめ

 不可抗力による試練は、自分の成長につながるものとしてとらえましょう。具体的にどう対応すればよいかを考えるには、「ゼロ秒思考」が最強の武器になります。