賢人の知恵いいとこ取り事典

読書歴30年の理系の博士が、仕事や人生に役立つ賢人の知恵を発信します。

問題解決に効果的な魔法の質問

 難しい問題に出くわしたら、まず「どうしたら○○できるだろう」の形にして立ち向かうクセをつける。 

 

 この形のクイズにすると、不思議なことに人は答えを見つけてしまうようにできている。

 

 このクイズを5秒で答えてみる。5秒で答えることで、自分の直感から答えを引き出せる。ほとんどの場合、本当の答えはそこにある。                           

         大橋禅太郎、倉園佳三「すごいやり方」

 

 人生では自分の手には負えないと、逃げ出したくなるような難題に出くわす時があります。

 

 重要な報告書の締切日が、気がついたら明日だったとか、自分の力量では達成不可能と思われるような仕事を無茶振りされたりだとか振られるとか、サラリーマン人生の中では、危機的な状況を何度か経験します。 

 

 こんな時、対応策を考えるための方法を身に付けておかないと、「どうしてこんなことになったんだ」とか、「なぜ私だけがこんな目に」とか、「あの時こうすべきだったんだ」とか、考えても仕方がない雑念が浮かびがちです。

 

 これではストレスがたまる一方だし、事態はいつまでたっても好転しません。

 

 問題が起こった時、冷静に対処できるようになる武器が、本日紹介する方法です。

 

 脳には質問をすると、今の状況や過去の記憶すべてから答えを探そうとする、優れた情報処理能力があります。

 

 例えば、目を閉じた状態で「この部屋の中にある黄色いものは?」と質問をしてみる。次に目を開けた瞬間、視界に黄色いものが飛び込んできます。

 

 このように、脳は質問に対して瞬時に答えを探そうとする能力を持っています。

 この脳の機能を最大限に発揮して問題に対処するのです。

 

 「5秒で『どうしたら〇〇できるだろう』と、自分にクイズを出す」

これの方法を効果的に実行できるのが、

ytsuchi55.hatenablog.com

で紹介した「ゼロ秒思考」です。

 

 もう一度やり方をおさらいします。

 

 A4用紙1枚を横置きにし、左上に気になる案件のタイトル、「どうしたら〇〇できるだろう」と書き、5秒で頭に浮かんだ考えを案を4~6個書き、1分以内に仕上げます。 

 

 たった1分間で難問に対応する戦略が出来上がります。問題解決だけでなく、プレゼンの内容、上司への説明案件、今日のスケジュール作成、あなたの将来設計など、思考が必要なすべての事柄に適用できる、最強の方法です。

 

 是非実践して下さい。

 

まとめ

 問題に遭遇したら、「どうしたら〇〇できるのか」という質問を自分自身に投げかけ、「ゼロ秒思考」で、1分で解決策を作り上げましょう。